ソフトウェア開発

ソフトウェア部門では、住友電工グループの研究開発や生産支援分野でのソフトウェア、また製品に組み込まれるソフトウェアを開発しています。

パッケージソフト開発

住友電工グループにて開発したシステムを引き継ぎ、バージョンアップや、営業、保守を展開しています。

<製品の紹介>

光配線管理システムFACTS(Fiber And Cable Total Support System)

介護業務支援システム

アークタイムウオッチャー®

生産支援分野

写真1
住友電工グループの生産現場に使用されるソフトウェアのうち、主に測定機周辺のソフトウェアを開発しています。

<開発例>
・光通信機器、光ファイバ等、情報通信関連の検査用ソフトウェアの開発(省力化、自動化)
・光ファイバ製造工程での地震被害早期予測システムの開発(緊急地震速報と地震計の振動解析による対策)
・ハードメタル製品等、産業素材分野の生産品質や出荷管理に関わるシステムの開発
・住友電工グループの各工場の設備から情報収集し、生産の見える化(IoT)を進めるシステムの開発と運用

製品組み込みソフトウェア

写真2
住友電工の製品に組み込まれるソフトウェアを開発しています。

<開発実績>
・光ファイバ融着機のソフトウェア(webでの保守管理用システムと生産ラインのソフトウェアも開発)
・車載ネットワーク等のエレクトロニクス製品のシステム設計や品質の改善

研究開発分野

写真3
住友電工の研究開発部門にて、新製品開発やプロトタイプ開発や性能検証等をソフトウェア開発をサポートしています。

<サポート実績>
・自動ワイヤーハーネスの組立効率化(AI)の研究
・画像処理による異物検出の研究
・エネルギーマネージメントシステムやスマートメータ等、新エネルギーに関連するシステムや機器の研究開発

業務内容の紹介(生産支援ソフトウェア開発の場合)

写真4
1.調査・要件定義
住友電工グループのメンバーと共に現場や測定機、また必要な性能を検討し、作成するソフトウェアに求める要件を決定します。また生産ラインへの導入や運用を開始するスケジュール等も確定させます。住友電工グループの製品開発担当や生産技術担当、また生産現場とのコミュニケーションが必要となる重要な作業です。
2.設計・レビュー
ソフトウェアを仕様書にまとめ、関係者でデザインレビューします。この時点で要求事項に漏れがないか確認します。ソフトウェア開発では、後工程で手直しがあると、何倍もの無駄が発生します。よってデザインレビューでの確認は、非常に重要です。
3.実装・検査
設計に基づいてプログラミングし、机上検査、実機検査、運用検査をします。検査結果は第三者を含めてレビューします。ソフト開発というとコンピュータに向かって黙々とプログラミングするイメージがありますが、実際のところ、その割合は全体の半分以下にすぎません。
4.運用・保守
作成したプログラムを現場に導入します。生産ラインで使用するソフトウェアでは、製品を現場に流してから判明する問題もあり、それらを改善することは重要です。運用開始後も、製品の仕様や生産効率の向上、また環境条件変更に応じてソフトウェアを改善し、バージョンアップを繰り返します。

我々の仕事は、住友電工の製品と共に進んでいく、息の長い仕事です。仕事のフィールドは、国内はもちろん、海外にも広がっています。

主要拠点

写真5
住友電工グループの主要拠点にて、ソフトウェア部門のメンバーはチーム体制で活躍しています。

得意分野

ソフトウェアの設計、製造のみならず、生産する製品や周辺機器の知識(電気、通信、機械等)で、住友電工グループを幅広くサポートしています。

言語:VisualBasic系、C言語系、Java等
DB:PostgreSQL、Oracle等
インターフェース:RS-232C、GP-IB、TCP/IP(IPv6)、Bluetooth、CAN、AD/DA変換、DIO、モータ(ステージ)コントローラ等の拡張インターフェースの活用等各社PLCとの通信

介護業務支援システム

写真6
介護保険に加えて障害者総合支援など、複数の制度(事業)を運営している事業者様に最適です。利用者情報の入力~請求計算~ヘルパー賃金計算~統計データ出力に対応しています。

<主な特徴>
・「介護保険(※)、障害者総合支援、地域生活支援事業、市事業、事業者様自主事業」の多様な制度(事業)に1つのシステムで対応しています。
※介護予防・日常生活支援総合事業に対応しています。
・多様な制度(事業)を、同一画面、同一の操作性でパソコンの操作に不慣れな方でも容易に操作できます。
・利用者情報、職員(ヘルパー)情報、サービス計画・実績情報、ヘルパー割付情報を一元管理しています。
<運用サポート>
 介護保険制度は毎年のように見直されています。当社では介護保険制度を熟知した社員が、お客様の事業環境に即した制度改正への対応を検討し、ベストなシステムと運用をご提案します。
 また当社では電話対応窓口とリモート保守体制を整備しており、システムの不明点や、運用に対する改善等に迅速に対応します。(別途保守契約が必要となります)

アークタイムウオッチャー®

写真7
溶接ニュースより転載
アークタイムウオッチャー®